2007年04月12日

新型ゲーム機:Wii圧勝で任天堂“王座”奪還 「FF13」PS3巻き返しのカギに

 06年度のゲーム機国内販売台数がまとまり、注目された任天堂対ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型ゲーム機対決は、「Wii」が約195万台、プレイステーション(PS)3」が約81万台と、倍以上の差をつけてWiiの圧勝となった。任天堂は、スーパーファミコン以後、PSに明け渡していた家庭用ゲーム機の“王座”を奪還した。その背景と今後を占ってみた。【河村成浩】=販売台数はいずれもエンターブレイン調べ(3月25日現在)

 新型ゲーム機対決は、06年11月11日のPS3発売から火ぶたが切られた。ハイビジョンの超高精細映像、スーパーコンピューター並みの物理演算が可能なチップを搭載した“夢のゲーム機”として、約6万円(オープン価格、ハードディスク60GB)で販売された。初回出荷はわずか10万台。発売日は、各地の販売店ではパニック寸前の騒ぎになるなど売り切れが続出。インターネットのオークションなどでは一時、取引価格10万円を超える人気だった。

 一方のWiiは、リモコンをモニターの前で振るなど直感的な操作で、従来のゲームユーザー以外にも楽しめるというコンセプトで開発され、12月2日に2万5000円で発売された。初回出荷数は40万台弱とPS3の約4倍を確保し、PS3ほどの騒動にならなかったが、こちらも即日完売となった。

 両機とも、クリスマス商戦まで売り切れが続いたが、06年12月までの累計販売数はWiiの約98万台に対し、PS3が約42万台と、この時点で既に大きな差が付いていた。
高性能をうたったPS3は、その性能を実現する部品調達に遅れが出たため、当初から十分な出荷台数を確保できなかった。6万円以上という高価格に加え、ハイビジョン映像に対応するモニターがないと、十分に映像を楽しめないなどコアユーザーの需要が中心となり、年明けは毎週2〜3万台の販売にとどまった。

 ソフトでも10億円以上ともいわれる高額な開発費がネックで、十分なタイトルが供給できない状況が続いている。「ガンダム無双」(バンダイナムコゲームス)が登場した3月1週には、本体も週4万台を販売したが、「バーチャファイター5」(セガ)の発売された2月2週には本体の販売自体は大きな変化がなかった。

 「鬼武者」などを手掛けたカプコンの稲船敬二常務が「新しいハードでユーザーは新しいソフトを期待している」と指摘するように、今後は、いかに独自のゲームを送り出すかがポイントになる。

 Wiiは、4月にマリオシリーズの新作「スーパーペーパーマリオ」や、DSで大ヒットした「脳トレ」系のソフト「Wiiでやわらかあたま塾」を投入。年内には、人気キャラクターの「マリオ」と「ソニック」が登場するスポーツゲーム「マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮称)」の投入を発表している。

 PS3では、最大の目玉となる「ファイナルファンタジー13」(スクウェア・エニックス)と「メタルギアソリッド4」(コナミデジタルエンタテインメント)がいつ投入されるかが、巻き返しのカギを握りそうだ。  (引用 YAHOOニュース



まだまだこれからだexclamation×2
頑張れPS3
exclamation×2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。