2007年04月23日

音楽館 台湾新幹線のPS3用運転ゲーム 7月台湾で発売

【台北・庄司哲也】鉄道シミュレーションのゲームソフトを製作する「音楽館」(向谷実社長、東京都世田谷区)は19日、1月に開業した台湾高速鉄道(台湾新幹線)の運転を体験できるゲームを7月に台湾で発売すると発表した。家庭用ゲーム機「プレイステーション3」(PS3)用。海外の鉄道のゲームソフト発売は異例で、日本の鉄道ファンの間でも話題を呼びそうだ。
 ソフトは台湾新幹線の運転席から見える沿線の風景をハイビジョンカメラで撮影し、そのままゲームで再現した。運営会社の台湾高鉄や台湾行政院(内閣)が協力し、撮影のための特別列車を運行。同社は運転士訓練用のシミュレーションソフトも製作しており、そのノウハウを取り入れた。
 運転を疑似体験できるほか、各駅や沿線の観光や食事のスポットも紹介しており、台湾新幹線のガイドにもなる。音楽はフュージョンバンド「カシオペア」のメンバーで、タレントとしても活躍する向谷社長が製作した。向谷社長は「日本の新幹線技術の素晴らしさをゲームでも紹介したい」と話している。
    (引用 YAHOOニュース



運転を疑似体験できるほか、各駅や沿線の観光や食事のスポット
日本の鉄道ファンの間でも話題を呼びそうですね。
posted by カワ at 10:17| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。