2007年05月11日

[新製品]ソニー、映画もPS3も高画質で楽しむ! ブラビアエンジン搭載のホームシアター用プロジェクター

20070510-00000021-rbb-sci-thum-000.jpg
ソニーは10日、「ブラビアエンジン」を搭載するビデオプロジェクター「VPL-AW15」を発表。価格はオープンで、予想実売価格は170,000円。また、新開発の80V型ダイナクリアスクリーンと組み合わせたキットとしても販売する。型番は「VPL-AW15KT」で、予想実売価格は220,000円。ともに6月20日発売。
VPL-AW15は、映画やスポーツなどの映像はもちろん、デジタルビデオカメラ「ハンディカム」やゲーム機「PS3」などと組み合わせて、高画質映像を楽しめるホームシアター用のビデオプロジェクター。今後、液晶テレビなどとともに「ブラビア」シリーズとして展開していくという。

 ビデオプロジェクター用に開発された高画質回路「ブラビアエンジン」を搭載。各種映像処理技術を最適化させ、コントラストを向上。豊かな陰影を再現して色鮮やかで深みのある映像をつくり出すという。また、シーンの明暗に合わせて絞りを連動させる「アドバンストアイリス2」と、ランプからの光漏れなどを防ぐ「ハイコントラストプレート」の組み合わせにより、12,000:1という高いコントラスト比を実現した。

 そのほか、新開発の165Wの高圧水銀ランプを採用し、同社従来製品から約3割アップとなる1,100ルーメンの輝度を実現。投射レンズには高解像度を再現可能な大口径レンズ「ARC-Fレンズ」を搭載。約1.6倍のズームが可能で、80V型ワイド画面では、約2.3mの投射範囲をカバーする。投影スクリーンサイズは40V型から200V型まで対応。
    (引用 YAHOOニュース



ちょっと値は張るけど、欲しいね!!
posted by カワ at 10:23| PS3(プレイステーション3)新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。