2007年05月16日

PS3「忌火起草」をアトラクション化――サウンドノベルシリーズ最新作を題材とした最恐のホラーハウス登場

セガ・アミューズメントテーマパークの「東京ジョイポリス」は、2007年夏より新作ホラーアトラクションを導入すると発表した。このアトラクションは、2007年秋に発売予定のプレイステーション 3用ソフト「忌火起草」(発売・販売:セガ、開発:チュンソフト)の世界観を活かしてアトラクション化されるもので、ゲームソフトを題材としたホラーハウスの展開は東京ジョイポリス初の試みとなる。

 「忌火起草」は、1992年に発売された「弟切草」、そして「かまいたちの夜」3部作、「街」を生んだサウンドノベルシリーズの最新作となる。サウンドノベルとは、臨場感あふれるサウンドや効果音、幾重にも謎が埋め込まれた重厚なシナリオ、心理描写までをも映し出す美麗な映像表現、それらを有機的に結合させたマルチストーリー構造の小説となっている。文章を単に読み進めるだけでなく、選んだ選択肢によりエンディングが変化。世界観設定までもが変化するサブシナリオまで用意されており、ヤリコミプレイを促すさまざまな仕組みが随所に盛り込まれている。

 「忌火起草」はサウンドノベルの最新作として、正統派の“恐怖”を軸に、世界的に評価されるジャパニーズホラーの要素を取り入れ、新世代の恐怖へと進化を果たすべく開発が進められている。恐怖を織りなす未体験の演出の数々と、 プレイステーション 3だからこそ表現できた臨場感によりゲーム史上最恐のホラー作品として登場する。

 なお、「忌火起草」を題材としたアトラクションの正式名称はまだ未定。ゲスト自身が歩いて施設内を進み体験する、ウォークスルータイプのホラーアトラクションとなるとのこと。サウンドノベルの特性をアトラクションにも最大限活かすため“音”にこだわった演出が施され、従来のホラーハウスとは一線を画す恐怖を創出するとしている。また、ゲームのストーリーの鍵を握るシーンなどがアトラクションでも活用される予定となっている。

 ストーリーはゲームのストーリーの「PREQUEL(前の話)」として設定され、ゲストはアトラクションを通じてゲームの世界観に触れ、より一層の興味を持てるようになっている。  (引用 YAHOOニュース



ホラー好きには堪らないソフトですね。

posted by カワ at 10:13| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。