2007年08月30日

ドラゴンの基本動作など最新情報を公開!SCEJ、PS3「ライズフロムレア」

20070829-00000007-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCEJ) は、2007年10月11日に5,980円で発売予定のプレイステーション 3用フライング・ドラゴンアクション「RISE FROM LAIR(ライズフロムレア)」の最新情報を公開した。

 PS3「ライズフロムレア」は、プレーヤーが“スカイガード”となり、ドラゴンの背に乗り空や地上で戦うアクションゲーム。プレーヤー扮する主人公「Rohn(ロン)」は、アシリア帝国の城壁を守る軍隊のスカイガード。ドラゴンに乗り、空を制するものが世界を制するとうたわれるスカイガードのエリート。そんな彼が、戦乱の時代を己の意思で駆け抜けていく。

 重厚かつ緻密なグラフィックと世界観が話題を呼んでいる本作。今回は、ストーリーの導入部、ドラゴンの基本動作、Fight Modeについて順次ご紹介していく。

■ 導入部 〜モーカイ族、突然の襲撃。謎と混乱の幕が開ける〜

 時は夕暮れ。アシリア寺院。

 預言者はモーカイ族の勢力拡大と蒸気機関を利用した自然支配の驚異を熱弁し、警鐘を鳴らしている。その矢先、モーカイ族による突然の襲撃が始まる。主人公ロンは、タラン大尉の指示を受け、仲間とともに鎮圧に向かう。そこで目にしたものは、海と空、2方面から攻撃を仕掛けてくるモーカイ軍の姿であった。

 その統率された様子は、今まで“未開の民”と捉えていた自分たちの認識を覆すに十分で、戦略および戦術の巧みさに、一同は驚愕の色を隠せないでいた。それにしても、なぜ今、モーカイ族は進軍してきたのだろうか。自問自答したところで、答えはでてこない。

 目前では、モーカイの攻撃により、多くの戦士たちが倒されていく。かつてない規模の争い……戦争、あるいは紛争……いずれにせよ、このままで終わらないことは容易に予測された。モーカイ族は、港での攻防に続き、穀物を運ぶキャラバン、アシリア城壁に狙いを定める。数え切れないほどの地上部隊と、運搬されてくる大砲台。ありとあらゆる方角から、巧妙に攻撃をしかけてくる。

 ロンたちは、一路モーカイたちの海上基地へと向かう。ここを破壊すれば、モーカイ海軍の動きを封じ込めることができる。日はもう暮れており、敵のサーチライトとスポットライトが、基地要塞への侵入を困難なものにしていた。要塞のなかには、はたして何があるのか。これからそこで起きることを、現時点で知るものはいない……。
 (引用 YAHOOニュース



情報を得て、マスターしよう!!!
posted by カワ at 09:58| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。