2007年11月13日

SCEJ、PS3「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」ボスキャラやアクションシーケンスなど最新情報を公開

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、11月15日に発売するプレイステーション 3用アクションアドベンチャー「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」の最新情報を公開した。価格は5,980円。SIXASISのモーションセンサーに対応する。開発元はNinja Theory。CEROレーティングはC(15歳以上対象)。

 PS3「Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜」は、「ナリコ」と呼ばれる赤い髪の女性が主人公のアクションアドベンチャー。悪の王キングボハンとその軍勢が、神々によって創られた剣「ヘブンリーソード」を奪取すべく、ナリコの祖国に侵略を開始。彼女は祖国を守るため、ヘブンリーソードを手に取る。

 今回は、残虐性をあらわにした凶悪なボスキャラ「オロチ」、「覆面鴉」、アクションシーケンス、冒険のフィールドなど最新情報をまとめてお届けする。

■ ボスキャラクタ「Orochi(オロチ)」、「覆面鴉」

■ アクションシーケンス

■ 冒険のフィールド

■ プレイムービー
引用 YAHOOニュース
posted by カワ at 10:11| プレイステーション3(PS3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

毎月2回配信に――10月ダウンロード販売開始タイトル第2弾「ゲームアーカイブス」

20071024-00000062-zdn_g-game-thum-000.jpg
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、プレイステーション 3をインターネットに接続することで利用できるPLAYSTATION Storeの「ゲームアーカイブス」にて、過去に発売されたプレイステーションのゲームより、PS3およびPSPで遊べるタイトルを追加した。

今回のダウンロードサービスは、10月24日より開始となる。なお、リストのタイトルの販売価格はすべて600円(税込)となっている。
引用 YAHOOニュース



ダウンロードサービスは、昨日10月24日(水)よりスタートしています!!!

posted by カワ at 09:47| プレイステーション3(PS3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

EA、PS3/Xbox 360「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」マーケットプレースとPLAYSTATION Storeで体験版を配信

20071017-00000049-imp-sci-thum-000.jpg
エレクトロニック・アーツ株式会社は、12月20日発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」の体験版の配信を、Xbox 360版は「Xbox LIVE マーケットプレース」にて10月18日より、PS3版は「PLAYSTATION Store」にて10月下旬より開始する。

 「FIFA 08 ワールドクラス サッカー」は、FIFA公認のサッカーゲーム最新作。FIFAライセンスを取得し、欧州を中心とする30リーグ、43カ国の代表チーム、600以上のクラブチーム、15,000人以上の選手、30種のスタジアムが登場する。今作ではチームAIと選手個々の動きのフルモデルチェンジや、選手1人だけを操作する新モード「Be A PRO」の追加などが行なわれている。

 配信される体験版の内容は、プレイモードはエキシビジョンで、4分ハーフの前半をプレイ可能。プレイ人数は最大4人で、使用可能チームは7チーム。選手交代は3人まで可能。戦術設定は一部機能制限あり。実況解説は収録されていない。スタジアムは、Xbox 360版は「アリアンツ・アレナ」、PS3版は「FIWCスタジアム」となっている。

【使用可能チーム】

バイエルン・ミュンヘン (ブンデスリーガ)
インテル (セリエA)
バルセロナ (プレミアディビジョン)
マンチェスター・ユナイテッド (バークレイズ・プレミアリーグ)
マルセイユ (リーグ1・オランジュ)
アメリカ (メキシコ・プリメーラ)
MY・レッドブルズ (MLS)
引用 YAHOOニュース

posted by カワ at 10:07| プレイステーション3(PS3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

バンダイナムコゲームス、PS3「リッジレーサー7」を立体視仕様に!ヒーローズベースにてロケテ中

20070913-00000005-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社バンダイナムコゲームスは、同社がプレイステーション 3用に発売中のレースゲーム「リッジレーサー7 (RR7)」を立体視仕様にした特別バージョン「リッジレーサー7 立体視バージョン」を、神奈川県川崎市の「ナムコ ワンダーパーク ヒーローズベース(ヒーローズベース)」にてロケーションテスト中だ。14日まで行なわれており、同店舗の営業時間(10時〜24時)中に無料でプレイできる。

 「RR7立体視バージョン」は、偏向フィルターを貼り付けた液晶TVと、対応するフィルターを備えた立体視メガネを使う「Xpol」方式により、立体視を可能にしたもの。株式会社NHKテクニカルサービスとの共同開発によるもので、従来の立体視方式と異なり、疲れの少ない3D映像を生み出すという。

 従来の方式は、左目用、右目用の映像を交互に全画面で描きかえて映し出す方式だった。この方式では画面がチラつき、速い動きの映像で立体感が失われたり、眼の疲労が大きくなるなどの欠点があった。

 「Xpol」方式では、液晶ハイビジョンテレビの走査線の1本置きに逆の特性の偏光フィルターが貼ってあり、フィルターに対応する偏光メガネ(らせん状のフィルター)をかけて3D映像を見れば、左眼は左眼用の映像、右眼は右眼用の映像をそれぞれ同時に見ることができるため、疲れが少ない理想的な3D表示が得られるという。イメージとしてはNHKテクニカルサービスのページを参照してほしいが、1080pの解像度で60フレームに対応している。

 実際に見てみると、窓を覗き込んで見た映像が立体的に見えている、という感覚が一番しっくりきた。タイムや順位表示が手前に浮き上がって見え、その向こうにコースや背景が立体感を伴って存在するように見える。また、主観視点よりも、背後視点のほうが、背景と自車との距離感を計りやすく、より奥行きを感じることができた。
 (引用 YAHOOニュース



14日今日まで無料体験が出来ます!!!
実際に体験して「リッジレーサー7 立体視バージョン」の
すごさを実感しよう!!!

posted by カワ at 10:11| プレイステーション3(PS3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

[ゲーム]プレイステーション3で動かす分散コンピューティング用クライアント

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション3用の「Folding@home」クライアントを3月末より提供すると発表した。Folding@homeは、スタンフォード大学がおこなっている、タンパク質の折り畳み現象を解析するプロジェクト。

 Folding@homeクライアントは、3月末に配信されるシステムソフトウェアのアップデートに含まれ、クロスメディアバーから手動起動できるほか、ゲーム後に自動実行させたりもできる。
  (引用 YAHOOニュース)
posted by カワ at 14:19| プレイステーション3(PS3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。