2007年06月25日

5種類の決着方法で熱きバトルを再現元気、PS3「湾岸ミッドナイト」

20070622-00000031-imp-sci-thum-000.jpg
元気株式会社は、プレイステーション 3用レースゲーム「湾岸ミッドナイト」を7月26日に発売する。価格は7,329円。CEROレーティングB(12歳以上対象)。最大4人までのオンライン同時プレイに対応する。

 PS3「湾岸ミッドナイト」は、週刊ヤングマガジンで連載中の人気コミック「湾岸ミッドナイト」を題材としたレースゲーム。「悪魔のZ」と呼ばれるフェアレディーZ(S30)に魅了された主人公アキオと、「悪魔のZ」に引き寄せられるように湾岸線に集結した走り屋たちが、互いのプライドを賭けた熱きバトルを繰り広げていく。

 登場キャラクタは、主人公の朝倉 アキオ、島 達也、秋川 レイナ、黒木、ケイ、マサキ、平本、原田といった8人が登場。ボイスを担当するのは、6月8日からアニメ専門チャンネル「アニマックス」で放映中のTVアニメ「湾岸ミッドナイト」と同じ声優陣が担当。ストーリーモードでは、8人それぞれの視点でゲームが展開していく。

 今作では、ライバルとの決着に5つのバトルが採用されている。数値化された精神力を削りあう「SPバトル」、相対距離で勝負が決まる「FLバトル」、ゴールまでのタイムを競う「TAバトル」、最高速度を競う「SPEEDバトル」、指定された順位でゴールする「RANKINGバトル」と、速さと駆け引きがミックスされたスリリングなレースが堪能できる。

 オリジナルマシンが作成できる「チューニング」は、原作に登場するチューナーたちが描かれた“カード”を使用する。チューナーカードは、ストーリーモードをクリアすると入手できる。クリア時の成績がいいほど、効果が高いカードが入手できるという。チューニングは、カードをフォルダにセットするだけ。複数枚セットできるので、原作ではありえなかったチューナーの組み合わせを試すことも可能となっている。

 徹底的にチューニングされたクルマは、300km以上のハイスピードを叩き出す。ただし、300kmを超えた状態でアクセルを踏み続けていると、やがてマフラーから白煙が噴出。これを放置したまま加速し続けると、すぐにエンジンがオーバーヒート(エンジンブロー)。こうなると走行不能になるため、カーブはもちろん、直線においても“限界を見極めた走り”が重要になってくる。なお、本作にはテストコース「谷田部」が収録されており、性能を見極めるのはもちろん、最高速度に挑戦することが可能。記録はオンラインランキングに登録でき、全国のユーザーと順位を競うことができる。

 次世代機の性能を生かした、美しいグラフィックと質感。走行中はもちろん、バトルの舞台となる首都高の景色を数キロ先まで映し出す。レインボーブリッジや芝公園付近など、周辺を一度でも走ったことがある人なら、ランドマークや周辺の風景にえもいわれぬ臨場感を覚えることだろう。原作、コンシューマのファンはもちろん、レースゲームが好きな人には見逃せない1本になりそうだ。
引用 YAHOOニュース



「湾岸ミッドナイト」を7月26日に発売。
   熱いバトルにしようぜ!!!


posted by カワ at 09:53| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

PS3に「みんGOL5」をセットにしたビギナーズパック

20070620-00000014-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、「PLAYSTATION 3(PS3)」にゲームソフト「みんなのGOLF 5」をセットにした、「PLAYSTAITON 3ビギナーズパック」を7月26日より発売する。

 60GB HDDを搭載した「CECH-AMG」と、20GBモデルの「CECH-BMG」を用意し、価格は60GBが61,980円、20GBが51,980円。「みんなのGOLF5」の通常価格は5,980円で、PS3の20GBモデルは49,980円のため、20GBモデルの場合、別々に購入するより3,980円安価となる。

 PS3本体の仕様は従来モデルと共通。みんなのGOLF 5ソフトウェアのほか、専用コントローラ「SIXAXIS」、AVケーブル、USBケーブル、LANケーブルなどが付属する。

 「みんなのGOLF」シリーズは、全世界で累計1,000万本以上の出荷を達成している人気ゴルフゲームシリーズ。同社では3月17日より「PLAYSTATION Store」において、最新作「みんなのGOLF 5」体験版をダウンロード提供しており、3カ月で20万以上ダウンロードが行なわれたという。セットパッケージの提供により、エントリーユーザーや「みんなのGOLF」シリーズファンに向けて、PS3の普及拡大を図っていくという。
 (引用 YAHOOニュース



           3,980円も安い!!!
         これは、買わないと損!!!

posted by カワ at 09:59| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

バンダイナムコ:ソウルキャリバー4、PS3とXbox360で08年発売へ

20070615-00000003-maia-game-thum-000.jpg
バンダイナムコゲームスは13日、世界で940万本を出荷している人気シリーズの最新作「ソウルキャリバー4」をプレイステーション3とXbox360向けに08年、発売することを明らかにした。価格は未定。

 ゲーム「ソウルキャリバー」シリーズは、伝説の剣「ソウルキャリバー」と「ソウルエッジ」を巡って、世界の剣豪や勇士たちがさまざまな武器で戦いを繰り広げる剣劇アクションゲーム。「4」は、ゲーム機の高い性能を生かし、フルHDの3DCGを描くという。Wii向けには07年冬に「ソウルキャリバー レジェンズ」を発売する予定。
 (引用 YAHOOニュース



人気シリーズの最新作「ソウルキャリバー4」
08年が楽しみですね!!


posted by カワ at 09:54| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ニンジャガイデン シグマ:忍者アクションの人気作、PS3でより美しく

20070612-00000006-maia-game-thum-000.jpg
スピーディーなアクションと美しいグラフィックが、Xboxで人気を集めたアクションゲームが、さまざまな新要素を追加してPS3に登場。人気格闘ゲーム「デッドオアアライブ」でおなじみの忍者リュウ・ハヤブサが異形のモンスターと対決する。

 「龍の一族」の末えいで、隼(はやぶさ)流忍術を受け継ぐ若き忍者のハヤブサ。ある日、ハヤブサが叔父である「ムライ」の元へ出げいこに行っている最中に、故郷の「隼(はやぶさ)の里」が突然謎の集団に襲われる。幼なじみの呉葉を殺され、伝説の魔刀「黒龍丸」も奪われたハヤブサは、伝説の刀「龍剣」を手に、里を襲撃した「ドーク」がいるというヴィゴル帝国へ潜入する……というストーリー。

 プレーヤーは、主人公のハヤブサとなって、龍剣やヌンチャクなどさまざまな武器を使って迫り来る敵を倒していく。□ボタンがすきの少ない通常攻撃、△ボタンで強攻撃が出せ、うまくボタンを組み合わせると連続技を出せる。連続技は武器ごとに異なり、練習すれば、相手の首を刈るように投げ飛ばす「首切り投げ」など強力な技も使えるようになる。

 また、壁に向かって×ボタンでジャンプすると壁を走れたり、木の枝にぶら下がれば枝を中心に回転できたり、あげくには水の上を走れたりと、忍者ならではの優れた体術を生かしたアクションも可能だ。○ボタンと△ボタンを同時に押せば気力ゲージを消費して、いくつもの氷のやいばが敵を串刺しにする「氷刃殺の術」など強力な忍法が発動する。

 PS3版では、条件を満たすとセクシーなコスチュームのヒロイン・レイチェルが主役の新しいシナリオがプレーできる。レイチェルの武器は巨大なウォーハンマーで、素早さが身上のハヤブサとは異なったアクションを展開する。また、ハヤブサに新たな武器が追加されたり、忍法を詠唱中にコントローラーを上下に振ると威力がパワーアップするなどPS3ならではの追加要素も用意されている。

 Xbox版からグラフィックには定評があったが、PS3になってさらに美しさが増した。燃え盛る炎のゆらめきや舞い散る落ち葉、敵キャラクターの衣装の刺しゅうまで表現されたグラフィックはムービーと見違えるほどのクオリティーだ。現在無料ダウンロードできる体験版は、やり込むほど製品版のプレーが有利になる特典があるので、購入前に試してみたい。

ニンジャガイデン Σ(シグマ)(PS3) 1人用 CEROレーティングD(17歳以上対象) テクモ 7800円 6月14日発売
引用 YAHOOニュース



現在無料ダウンロードできる体験版は、やり込むほど製品版のプレーが有利になる特典があるので、購入前に試してみてわ!!!
posted by カワ at 09:56| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

北海道での4年ぶりの夏休み――「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」

20070611-00000046-zdn_g-game-thum-000.jpg
前作から4年、今度はプレイステーション 3での登場となった「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」(以下、ぼくのなつやすみ3)。今回は北の大地、北海道で8月1日から8月31日までの期間を過ごすことになる。
「ぼくのなつやすみ3」はこれまでと同様、ゲームデザインは綾部和氏、制作はミレニアムキッチン。キャラクターデザインを上田三根子さん、ナレーションはダンカンさんが担当している。また、次世代機にプラットフォームを移したことで、木漏れ日に揺れる草葉の陰影や草原を駆け抜けるそよ風、そして大空に広がる夕焼けのグラデーションなど、“夏休み”の臨場感が今まで以上に向上しているとのこと。

 また、これまでに用意されていた「昆虫採集」や「虫相撲」、「魚釣り」はもちろんのこと、動物とふれあったり、野菜を育てたり、緑の大地で草すべりをしたりと、誰もが経験した夏休みがふんだんに盛り込まれている。

●人々とのふれあい

 花詩に住む人たちは、広大な大地に負けないくらいおおらかで元気で、温かい人ばかり。1カ月を花詩で過ごすことになるボクくんは、どのような交流を持つことになるのだろうか。今回は、淡い恋の物語もあるとか……。

●動物たちとのふれあい

●ラジオ体操、そして絵日記

 1日の始まりはやっぱりラジオ体操から。夜更かしして寝過ごさないように気をつけよう。そして最後は絵日記。あなたはどのような思い出をつづるのだろうか。 (引用 YAHOOニュース



大草原にいるような気分をたっぷ味わおう〜!!






posted by カワ at 10:05| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ゲーム批評:「プロ野球スピリッツ4」 ハイビジョンか、標準か さすがの定番野球ゲーム

20070528-00000003-maia-game-thum-000.jpg
興奮はテレビで決まる。それがコナミのリアル系野球ゲーム最新作「プロ野球スピリッツ4」だ。

PS3、PS2版が発売されており、一部の仕様を除けば内容はほぼ同じ。ただしPS2版は標準テレビへの出力だが、PS3版ではフルスペックハイビジョン出力に対応している。

 PS3版では、ヘルメットの照り返しやユニホームの陰影など、光と影の鮮烈な描写がリアルで、さすが、とうならされる。ただし、ゲームの高速化や最適化がいま一つで、細かく処理落ちする。ワイド表示なので、4対3の標準テレビで遊ぶとストライクゾーンが小さく表示され、慣れないとストレスがたまる。だから標準テレビで遊ぶならPS2版がお薦めだが、こちらはダブルプレー時などで処理落ちする。ネットワーク対戦ができないのも残念だ。

 もっともゲーム自体は、人気ゲーム「パワプロ」をベースにしている定番シリーズだけあって秀逸。走攻守の各アクションの操作感、バランスは文句なし。お薦めは140試合を戦い抜く「マジペナント」モードで、課題をクリアして選手の能力を開花させていく仕組みが面白く、飽きずに続けられる。RPGなどのストーリー、企画担当者ならば、この見せ方などに学ぶ点は多いと思う。   (引用 YAHOOニュース



ゲーマーを楽しめさせてくれそうでね!!


posted by カワ at 10:20| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

SCEJ、PS3用3タイトルの体験版と追加コンテンツを配信「RESISTANCE〜人類没落の日〜」、「FolksSoul -失われた伝承-」、「MotorStorm」

20070525-00000022-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、プレイステーション 3用オンラインサービス「PLAYSTATION Store」にて、「RESISTANCE〜人類没落の日〜」、「FolksSoul -失われた伝承-」、「MotorStorm」の追加・拡張コンテンツおよび体験版のダウンロードを、6月1日より順次開始する。

 「PLAYSTATION Store」は、PS3をインターネットに接続するPLAYSTATION Networkで提供されているサービスの1つ。ダウンロード用ゲームやその追加データ、体験版、ゲーム内で使用できるアイテム、映像コンテンツなどの販売、配布を行なっている。

 「RESISTANCE〜人類没落の日〜」向けには、世界中のプレーヤーとオンライン対戦が可能になる「RESISTANCE〜人類没落の日〜追加マップパック」のダウンロード販売が6月1日より開始される。このコンテンツには、オンライン対戦専用マップ「カンボーン」と「ウェストモーランド」の2つが含まれており、これらのマップでオンライン対戦がプレイできる。価格は800円。必要HDD容量は312MB以上。なお、このコンテンツを使用するには、「RESISTANCE〜人類没落の日〜」の製品版が必要となる。

 6月21日発売予定の「FolksSoul -失われた伝承-」では、発売に先駆けて、6月1日より無料体験版が配信される。必要HDD容量は1,014MB以上。

 「MotorStorm」では、「MotorStorm オンライン拡張パック」と体験版が6月20日より無料配信される。「オンライン拡張パック」を導入すると、最大12人でのオンライン対戦(日本国内のみ)が可能になるほか、新モード「タイムアタックモード」が追加される。タイムアタックモードのタイムは全世界共通のランキングボードに記録される。体験版は、1コース、2車種でのシングルプレイが体験できるが、オンライン対戦には非対応。必要HDD容量は、「オンライン拡張パック」が542MB以上、体験版は466MB以上。   (引用 YAHOOニュース



まずは、6月1日より体験版のダウンロード等が
スタートします!!


posted by カワ at 10:33| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

セガ:PS3で本格ホラー「忌火起草」07年秋発売へ チュンソフト開発

20070517-00000000-maia-game-thum-000.jpg
セガは15日、「弟切草」「かまいたちの夜」などシリーズ計280万本を出荷した本格ホラーゲームシリーズの最新作「忌火起草(いまびきそう)」をプレイステーション(PS)3用で07年秋に発売することを明らかにした。価格は未定。人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの開発にもかかわった中村光一さん率いるチュンソフトが開発している。

 「忌火起草」は、「ビジョン」という合法麻薬を手にした若者たちが謎の焼死を遂げ、主人公とヒロインが朽ち果てた屋敷へと向かう……というストーリー。PS3の高性能を生かし、実写動画と静止画を組み合わせ、主人公キャラクターの心理描写や状況説明などは文字情報、第三者のセリフは音声で表現する手法を取っている。
     (引用 YAHOOニュース



トラックが人をはねる場面や、人体発火、異形の怪物、爪から黒い煙が吹きだすといったグロテスクで過激なシーンなどある。
怖い・・・


posted by カワ at 10:27| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

PS3「忌火起草」をアトラクション化――サウンドノベルシリーズ最新作を題材とした最恐のホラーハウス登場

セガ・アミューズメントテーマパークの「東京ジョイポリス」は、2007年夏より新作ホラーアトラクションを導入すると発表した。このアトラクションは、2007年秋に発売予定のプレイステーション 3用ソフト「忌火起草」(発売・販売:セガ、開発:チュンソフト)の世界観を活かしてアトラクション化されるもので、ゲームソフトを題材としたホラーハウスの展開は東京ジョイポリス初の試みとなる。

 「忌火起草」は、1992年に発売された「弟切草」、そして「かまいたちの夜」3部作、「街」を生んだサウンドノベルシリーズの最新作となる。サウンドノベルとは、臨場感あふれるサウンドや効果音、幾重にも謎が埋め込まれた重厚なシナリオ、心理描写までをも映し出す美麗な映像表現、それらを有機的に結合させたマルチストーリー構造の小説となっている。文章を単に読み進めるだけでなく、選んだ選択肢によりエンディングが変化。世界観設定までもが変化するサブシナリオまで用意されており、ヤリコミプレイを促すさまざまな仕組みが随所に盛り込まれている。

 「忌火起草」はサウンドノベルの最新作として、正統派の“恐怖”を軸に、世界的に評価されるジャパニーズホラーの要素を取り入れ、新世代の恐怖へと進化を果たすべく開発が進められている。恐怖を織りなす未体験の演出の数々と、 プレイステーション 3だからこそ表現できた臨場感によりゲーム史上最恐のホラー作品として登場する。

 なお、「忌火起草」を題材としたアトラクションの正式名称はまだ未定。ゲスト自身が歩いて施設内を進み体験する、ウォークスルータイプのホラーアトラクションとなるとのこと。サウンドノベルの特性をアトラクションにも最大限活かすため“音”にこだわった演出が施され、従来のホラーハウスとは一線を画す恐怖を創出するとしている。また、ゲームのストーリーの鍵を握るシーンなどがアトラクションでも活用される予定となっている。

 ストーリーはゲームのストーリーの「PREQUEL(前の話)」として設定され、ゲストはアトラクションを通じてゲームの世界観に触れ、より一層の興味を持てるようになっている。  (引用 YAHOOニュース



ホラー好きには堪らないソフトですね。

posted by カワ at 10:13| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

SCE:「ぼくのなつやすみ3」がPS3に 7月5日発売、舞台は北国に

20070501-00000002-maia-game-thum-000.jpg
ソニー・コンピュータエンタテインメントはこのほど、プレイステーション(PS)3用ソフト「ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原」を7月5日、5980円で発売することを明らかにした。

 「ぼくのなつやすみ」シリーズは、「誰もが経験した子供の懐かしい夏休み」をテーマに開発された癒し系ゲームで、都会から自然の豊かな田舎に来た子供の生活を描いている。00年に発売された「1」(PS)は山の生活、02年の「2」(PS2)は海辺の田舎を取り上げており、5年ぶりとなる今回は、北国の大草原が舞台となる。【河村成浩】   (引用 YAHOOニュース



北国の大草原、また癒されちゃいますね。


posted by カワ at 10:06| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

PS3:「みんゴル5」7月26日発売 丸山プロ登場、オンライン対戦も復活

20070426-00000007-maia-game-thum-000.jpg
ソニー・コンピュータエンタテインメントは25日、プレイステーション3用ゴルフゲーム「みんなのゴルフ5」に、米プロゴルフツアーで活躍中の丸山茂樹プロがゲームキャラクターとして登場、さらに05年10月にサービスを止めていたオンライン対戦が“復活”、発売と同時に無料で提供することをことを明らかにした。ゲームソフトは7月26日、5980円で発売される。

 「みんなのゴルフ」は、「簡単操作」「そう快ショット」をコンセプトにクラップハンズ(横浜市西区)が開発したゴルフゲームで、シリーズ累計1000万本を出荷している。PS3版では、実際のゴルフコースを箱庭のように再現し、芝の目の1本がくっきり見えようなグラフィックを実現するなど演出面が強化される

 丸山プロは、トレードマークのさわやかな笑顔やおどけたポーズなども再現。キャディーの「マルちゃん」としても登場し、プレーヤーを元気付けてくれるという。【河村成浩】
    (引用 YAHOOニュース



キャディーの「マルちゃん」見たぁ〜いわーい(嬉しい顔)
posted by カワ at 09:47| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

音楽館 台湾新幹線のPS3用運転ゲーム 7月台湾で発売

【台北・庄司哲也】鉄道シミュレーションのゲームソフトを製作する「音楽館」(向谷実社長、東京都世田谷区)は19日、1月に開業した台湾高速鉄道(台湾新幹線)の運転を体験できるゲームを7月に台湾で発売すると発表した。家庭用ゲーム機「プレイステーション3」(PS3)用。海外の鉄道のゲームソフト発売は異例で、日本の鉄道ファンの間でも話題を呼びそうだ。
 ソフトは台湾新幹線の運転席から見える沿線の風景をハイビジョンカメラで撮影し、そのままゲームで再現した。運営会社の台湾高鉄や台湾行政院(内閣)が協力し、撮影のための特別列車を運行。同社は運転士訓練用のシミュレーションソフトも製作しており、そのノウハウを取り入れた。
 運転を疑似体験できるほか、各駅や沿線の観光や食事のスポットも紹介しており、台湾新幹線のガイドにもなる。音楽はフュージョンバンド「カシオペア」のメンバーで、タレントとしても活躍する向谷社長が製作した。向谷社長は「日本の新幹線技術の素晴らしさをゲームでも紹介したい」と話している。
    (引用 YAHOOニュース



運転を疑似体験できるほか、各駅や沿線の観光や食事のスポット
日本の鉄道ファンの間でも話題を呼びそうですね。
posted by カワ at 10:17| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ほとんどナイター中継 これぞPS3の実力「プロ野球スピリッツ4」

iC^[.jpg売り上げ不振がささやかれているプレイステーション3。5〜6万円台と強気な価格設定が理由に挙げられているが、深刻な問題として「ソフト不足」という基本的な部分もネックになっていた。しかしここに来て、野球ファンのハートを激しく揺さぶるゲームが登場した。PS3の誇る圧倒的なグラフィック能力を遺憾なく発揮した、リアル野球ゲームの最高峰だ。
これまでPS2用のソフトとしてシリーズを重ねてきた「プロ野球スピリッツ」。リアルを売り物にした野球ゲームの中で、随一の売り上げを記録してきた人気ソフトだが、今年からはPS3対応ソフトとしても発売することになった(PS2版も同時発売)。

 PS3版で驚かされるのはやはりグラフィックの向上。人物の描写はさらに本物に近づき、選手ひとりひとりの顔も実写と見まがうばかりにそっくりに描かれた。表面的な面だけでなく、選手の仕草も実に人間くさく、しなやかに動く。自然なふくらみを描くベースランニング、走者をかわしながら完成させる6-4-3のゲッツー。2塁走者をけん制しながらさばくショートゴロなど、ちょっとした動作に感じるリアル感がたまらない。

 PS3のもうひとつの売り物であるオンライン対戦を組み込んだことも大きい。配球の読み合いが楽しい投打の駆け引きは、やはり人間同士で戦ったほうが、より盛り上がる。いつでも相手が探せるネットを介した対戦は、映像の乱れもなく実にスムーズ。マッチングが無料という点も気が利いている。
個人的におすすめしたいのが、今作から導入された「名将ペナント」だ。選手を自分で動かすのではなく、プレーヤーは「監督」を演じる。先発ローテーションやオーダーをいじるだけでなく、試合ではブロックサインを送ってゲームを統率する。盗塁、バント、的確な選手交代…。ここぞの場面で指示を出し、チームを勝利に導く快感が手軽に味わえる。

 映像がほとんどテレビ中継のようなクオリティだからこそ楽しい「名将ペナント」。ナイターを見る感覚で、ビールでもやりながら1試合、なんてのもオツなもの。地上波でのナイター中継が削減傾向にある昨今、こんな形でのウサ晴らしも悪くないかも。
   (引用 YAHOOニュース



PS3、このソフトで巻き返せばいいが・・・exclamation×2



posted by カワ at 10:14| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

開発陣に質問状:ガンダム無双 「PS3でかつてないそう快さを」

20070401-00000000-maia-game-thum-000.jpg
クリエーターらがゲームに込めた思いを聞く「開発陣に質問状」。今週は、ガンダムと無双シリーズが融合したPS3用ソフト「ガンダム無双」です。堀内美康チーフプロデューサーに“夢のタッグ”について聞きました。(回答はほぼ原文のまま掲載)

--セールスポイントは?

 かつてないそう快なガンダム!です。今回はモビルスーツの躍動感、スピード感に最重点を置いて開発しました。コーエーさんの展開する「無双シリーズ」のそう快なアクションをベースにモビルスーツならではの高速移動やビーム兵器が加わり、PS3という新世代ハードの上で「かつてないそう快なガンダム」が体感できると思います。

--開発の経緯を教えてください

 コーエーさんから「次世代機に向けて、一緒にソフト開発をしませんか」というオファーを受けたのが始まりです。開発がスタートするまでには少し時間がかかったのですが、最終的には、(無双シリーズを開発した)オメガフォースとガンダムを題材に作ることが決まり、コードネーム「ガンダム無双」としてスタートしました。いろいろな正式タイトルが検討されましたが、そのまま正式タイトルとなりました。

--開発に関する苦労話があればお願いします

 そう快なアクションを宇宙空間でどう表現するかが、最も時間のかかったことの一つです。かなりの試行錯誤、試作品を経て今回の表現が完成しました。宇宙空間らしさを演出するためにさまざまな調整を施しながら地上と同様の手軽な操作を実現したつもりです。また、1000をはるかに超えるモビルスーツが存在するガンダムシリーズを題材にした新規タイトルですから、登場作品、モビルスーツ、キャラクターの選択をずいぶんと検討しました。アクションゲームとしての面白さを最重点に考えていたので、攻撃方法や動きにそれぞれの個性を感じてもらえるようなバリエーションと、幅広いファンに楽しんでもらえるようなセレクションを重視しました。
引用 YAHOOニュース


爽快なアクション!はもとより、無双スタイルの戦略マップとガンダムの世界観のマッチングを存分に楽しんでいただけるタイトルだと思います。

posted by カワ at 12:14| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

カプコン:デビルメイクライ4、Xbox360とPCでも発売へ

20070320-00000008-maia-game-thum-000.jpg
カプコンは20日、プレイステーション(PS)3用ソフト「デビルメイクライ4」を、Xbox360、PC向けにも発売することを明らかにした。発売時期は未定だが、PS3とXbox360版を同時期で発売する予定。

 「デビルメイクライ」シリーズは、悪魔の血を受け継ぐ主人公が、銃や巨剣を駆使して、悪魔を倒していくアクションゲームで、計680万本を出荷している人気作。「4」は、人間のために戦った悪魔「魔剣士スパーダ」を神として信仰する「城塞都市フォルトゥナ」に、デビルハンター・ダンテが現れ、「教団騎士」と呼ばれる兵隊たちを次々と倒していく……という物語。テレビアニメ化も決定し、07年春にWOWOWで放送予定。

 ゲームの多面展開について、同社は「新型ゲーム機向けソフトの開発に早くから取り組み、高機能・多機能化に対応する開発の効率化が図れた」としている。欧米で普及が進んでいるXbox360などにソフト供給し、収益の向上とリスクの低減を図る。【河村成浩】
引用 YAHOOニュース


PS3、テレビとで両方楽しめる。
楽しさ倍増ですね!!!



posted by カワ at 09:38| PS3(プレイステーション3)ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。